顧客数No.1業務用キッズルームDVD!お子様のお遊びスペースにキッズDVDを!お子様連れのお客様の営業や商談を、円滑に進めるお手伝いをいたします。

キッズルームブログ

キッズルーム 新作案内vol.174

はたらく細胞3 ©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

キッズルームおすすめの人気作品「はたらく細胞3 食中毒・スギ花粉アレルギー」をご紹介いたします。

これはあなたの物語。あなたの体内(からだ)の物語──。

人の細胞の数、およそ37兆個(新説)。
細胞たちは体という世界の中、今日も元気に、休むことなく働いている。
酸素を運ぶ赤血球、細菌と戦う白血球……。
そこには、知られざる細胞たちのドラマがあった。
擬人化モノの新定番、大人気コミック「はたらく細胞」が待望のテレビアニメ化!
誰もが共感できる、体内細胞擬人化ストーリー!

<食中毒>胃の付近に細菌出現。さっそく現場に駆けつける白血球(好中球)。
現場ではすでに白血球の一種である好酸球が応戦していたものの、苦戦を強いられていた。
非力な好酸球の姿を見た周囲の細胞たちはあまりの頼りなさに陰口をたたく。
白血球(好中球)は「好酸球にしかできない仕事がある」と言うが…。

<スギ花粉アレルギー>大量のスギ花粉が体内に侵入! スギ花粉を排除をするため、現場へと急行した白血球(好中球)は、そこで“記憶細胞”と居合わせる。記憶細胞は免疫記憶を保持しているリンパ球である。現場の光景を目の当たりにし、なぜかあたふたしている記憶細胞。 「なんてこった! これじゃまるで、言い伝えと――」記憶細胞が言う“言い伝え”とは……?

出演:(声)赤血球:花澤香菜
白血球(好中球):前野智昭
キラーT細胞:小野大輔
マクロファージ:井上喜久子
血小板:長縄まりあ
ヘルパーT細胞:櫻井孝宏
制御性T細胞:早見沙織
樹状細胞:岡本信彦
記憶細胞:中村悠一
B細胞:千葉翔也
好酸球:M・A・O
マスト細胞(肥満細胞):川澄綾子
先輩赤血球:遠藤 綾
肺炎球菌:吉野裕行
ナレーション:能登麻美子

上映時間:48分
(株)アニプレックス

トップへ