顧客数No.1業務用キッズルームDVD!お子様のお遊びスペースにキッズDVDを!お子様連れのお客様の営業や商談を、円滑に進めるお手伝いをいたします。

キッズルームブログ

キッズルーム 新作案内vol.178

はたらく細胞7 ©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

キッズルームおすすめの人気作品「はたらく細胞7 出血性ショック(前編・後編)」をご紹介いたします。

これはあなたの物語。あなたの体内(からだ)の物語──。

人の細胞の数、およそ37兆個(新説)。
細胞たちは体という世界の中、今日も元気に、休むことなく働いている。
酸素を運ぶ赤血球、細菌と戦う白血球……。
そこには、知られざる細胞たちのドラマがあった。
擬人化モノの新定番、大人気コミック「はたらく細胞」が待望のテレビアニメ化!
誰もが共感できる、体内細胞擬人化ストーリー!

<出血性ショック(前編)>なんと新人赤血球の教育係をすることになった赤血球!先輩らしいトコを見せなきゃ!と
気を引き締める彼女だが、道を間違えてしまったり、他の細胞に怒られたり、なかなか上手く行かず…。そんな中、体内世界を揺るがす大きな事件が発生する。

<出血性ショック(後編)>「生命に関わるレベルのダメージを確認!」この緊急事態を受け、現場付近に急行した白血球(好中球)。だが、そこには守るべき血球たちの姿はなかった…!大量出血により、すでにおびただしい数の血球たちが、傷口の外へと飛ばされてしまっていたのだ。今もなお続く出血――過酷さが増す状況下だが、この世界を守るため、仲間たちを救うため、赤血球は後輩赤血球とともに酸素を運び続ける。終わりゆく世界、細胞たちを待ち受ける運命は――!?

出演:(声)赤血球:花澤香菜
白血球(好中球):前野智昭
キラーT細胞:小野大輔
マクロファージ:井上喜久子
血小板:長縄まりあ
ヘルパーT細胞:櫻井孝宏
制御性T細胞:早見沙織
樹状細胞:岡本信彦
記憶細胞:中村悠一
B細胞:千葉翔也
好酸球:M・A・O
マスト細胞(肥満細胞):川澄綾子
先輩赤血球:遠藤 綾
肺炎球菌:吉野裕行
ナレーション:能登麻美子

上映時間:48分

トップへ